2010年01月23日

河村前官房長官への告発状を提出 東京地検に 大阪の弁護士 機密費引き出し(産経新聞)

 政権交代が確実になった直後の昨年9月に内閣官房報償費(機密費)2億5千万円が国庫から引き出された問題で、機密費を目的外で使用したとして、大阪の弁護士らが背任か詐欺の疑いがあるとして、当時の麻生内閣で官房長官だった自民党の河村建夫衆院議員に対する告発状を東京地検特捜部に提出した。

 告発状では、河村氏が昨年9月1日に通常の月の2・5倍にあたる2億5千万円の機密費を受領し、官房業務外に使用したと指摘。「昨年8月の総選挙で政権交代が確実となった後に引き出されており、こうした状況下で機密費が必要であるはずがない。国会議員に交付するなどして国に損害を与えた」などとしている。

 告発した弁護士らは「私的に費消しており、国民をないがしろにしている」などとしている。

【関連記事】
官房機密費、「信頼」強調し非公開継続 不透明運用で問題化
官房機密費の使途「前政権に聞いてくれ」平野官房長官
官房機密費支出額公開 政権交代直前に2・5億円引き出しも
自民党がどう変わろうと国民には関係ない
元秘書、石川氏から証拠隠しは「小沢先生のご指示」と聞いた

小沢氏側、聴取応諾を回答=特捜部と日程調整−規正法違反事件(時事通信)
阪神大震災 6434人へ祈り 17日で15年(毎日新聞)
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走(産経新聞)
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
<消費者被害>行政処分執行、都道府県でばらつき(毎日新聞)
posted by コハラ ヤスハル at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中医協】入基料の減算特例、奄美や小笠原諸島などに容認へ(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど開かれた中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)の総会で、人口5万人未満の市町村の一部区域で認められている入院基本料減算の特例について、奄美群島、小笠原諸島、沖縄県の離島の各区域に対しても容認する方針を示した。保険局医療課の佐藤敏信課長は「対応から漏れていた可能性が非常に高い」としており、来年度の診療報酬改定で手当てする考えだ。

 入院基本料を算定している医療機関では、医療法が規定する医師、歯科医師数の7割を下回ると減額の対象になるが、離島振興法や山村振興法など過疎4法が定める地域を含む市町村の医療機関は、地域の特殊性から減算の割合が緩和されている。


【関連記事】
【中医協】地域特性に配慮した診療報酬、次回以降に再協議
【中医協】診療報酬上の地域性への配慮、次回以降に結論
【中医協】10年度診療報酬改定を諮問−長妻厚労相
【中医協】「5分要件」廃止後、“お薬外来”を不算定に
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり

海外任務の能力向上=インド洋給油終結で統幕長(時事通信)
ハイチ地震で輸送機活用を検討 防衛相(産経新聞)
民主党、参院選1次公認発表見送りも(産経新聞)
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
posted by コハラ ヤスハル at 01:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

小沢氏、東京地検の聴取応じる方向(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、小沢氏側が、東京地検特捜部の参考人聴取に応じる方向で検討を始めたことが、関係者の話で分かった。

 小沢氏は聴取に応じていなかったが、「説明すべきだ」との声が高まってきたことから聴取に応じる方向に転じた。

<雑記帳>遠野の「語り部」289人を認定(毎日新聞)
<名古屋市>住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達(毎日新聞)
日航破綻 東北の翼行き先懸念 各県、利用促進頭悩ます(河北新報)
だんじり横転事故で3人を書類送検 大阪・富田林署(産経新聞)
民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり(産経新聞)
posted by コハラ ヤスハル at 03:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。